なぜ、肩こりをいくら揉んでも良くならないか

ご存知ですか?

当院では慢性疼痛患者をことごとく改善し続けています。次はあなたの番です。

雑誌に掲載されました

 

整形外科医からの推薦文

推薦文

 

私は現在、宮城県仙台市にて整形外科開業医として父の開いた診療所の跡を継ぎ、「肩こり、腰痛」といった身近な痛みや、慢性疾患から生じる長く続く痛みなど、様々な悩みを訴える患者さんたちと向き合う日々を過ごしております。

これまで勤務医として14年を過ごし、現在開業医として8年目を迎えようとしていますが、いわゆる「町医者」として仕事をしているので、投薬や注射といった治療に加えて「理学療法」は勤務医時代以上に非常に重要な手段になっています。

整形外科という分野では外傷後や手術後のリハビリテーションに於いて、理学療法士の果たす役割は大きく、脊椎や関節の手術を行う病院でのリハビリテーションを経験した理学療法士の知識と経験は、我々整形外科医にとっても解剖学的知識から共通であり、例え市井にあっても安心して任せられると思います。

 

森下君とは平成10年4月~平成14年8月までの4年4カ月間、ともに仙台市内の脊椎・関節疾患を主に扱う病院で働いたことがあり、そこで知り合いました。現在は腰痛専門に施術を行っているそうですが、ともに働いた施設を思い起こせば「さもありなん」というところでしょうか。

 

整形外科といわゆる「bone setter」との関係は、ときにその知識体系の相違からトラブルを生じますが、先述したように彼は同じ職場で同じ知識体系をベースに働いた経験もありますので、人柄も相まって我々同様「まさに目の前にいる痛み・苦しみを抱えている人々」のために尽力してくれると思います。

 

 

            大竹整形外科医院 

          院長 大竹高行

 

 

 

 

※個⼈の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

 

プロフィール

 

整体院ハンドオンハンドの森下隆行と申します。

 

この度は数ある接骨院・整体院の中から当院のホームページをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

私は23年前、理学療法士養成校で学生をしていました。その中で、「痛くないと病院には来ない(今、痛いから病院に来る)」と感じていました。しかし、進級しても、卒業しても、病院勤務しても疑問は解消されませんでした。

 

その後は「痛み」に関する種々のセミナーや技術講習会に参加しました。

ようやく徒手療法というものに出会えました。このことで、痛みで困っている患者さんの「今」を変えることができるようになりました。学生時代からの疑問がようやく晴れました。

 

私は施術を通じて肩こりや五十肩でお悩みの方々に、痛みという表面上の問題よりも、痛みをぶり返さない体づくりを提案したいと思っています。この根本的な原因を解決することによって仕事や家事、趣味、スポーツなどに全力で取り組んでいただきたいと思っています。

実は、私自身も肩こりがあります。特に冬場のバイクや普段着慣れないスーツを来たときはすごく肩が凝ります。そう、皆さんと同じなのです。

やりたくてもできない気持ちを私が理解します。

 

どこに行っても良くならないとお悩みではありませんか?

これには明確な理由があります。

肩こりには原因があるのです。患部と原因は別なのです。

当院では徹底的に痛みの原因を追究します。一度ご相談ください。

友だち追加

  LINE@からでもご予約いただけます。